読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNS都市伝説(2) 〜絵師の嫉妬〜

信じるか信じないかはあなた次第()

 

登場人物紹介

Aさん(仮名 ♂)・・・コラ師 J1クラブのサポーター

Bさん(仮名 ♀)・・・絵師 J2クラブのサポーター

 

AさんとBさんは数年前から別の交流から友人となり

共に遊ぶことや、ご飯を食べに行くこともしばしばありました。

AさんはBさんのアッシー君(死語)になることもあり、

イベントの時などは車を出して脚代わりとなることもありました。

お互い好みを知っていたのでCDやDVDの貸し合い、借りあいなどもしていたそうです。

 

出会って3年後この2人を分裂させる事件が起きます。

きっかけはAさんの創作活動。

周りで始める人が徐々に増えだした創作活動を軽い気持ちで始めました。

ただ、この創作活動は自ら絵を描くものではなくネット上で拾ってきた画像を

加工すると言った活動であったため、著作権的にはほぼアウトに近いものでした。

 

Aさんは写真を撮るのも趣味であったため

度々Bさんに写真を配ることもありました。

ですが突然ある日Bさんが写真の受取を拒否し始めたのです。

 

理由を尋ねると

『最近始めた創作活動であなたの作品が

自分の作品よりも反応をもらっているのが悔しい』

『周りの近い友人に配るならいいと思うけど注意してね』

という回答が返ってきました。

 

突然の告白にびっくりしたのはAさん

BさんもAさんに対抗するかのように絵を描き始めていたのでAさんは

絵について素晴らしいと思っているというコメントを残しますが

Bさんは喜ぶどころか悔しいと言った反応。

ついにはそういうことなんじゃないんだよ!と暴言を吐かれる始末。

 

AさんはすぐにBさんとの交流をやめ、フォロワーの増え始めていた本アカウントは

キープしたまま、創作活動専用のアカウントを作りました。

しかしまだAさんには試練が続きます。

 

つづく